読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落ちれば同じ谷川の水

バンギャルが沼に落ちた

あったらいいな!塾講WEST

さあ、妄想を始めよう。(イケボ

早くも記事が3つ目になりました。今回はブラックバイトに嫌気がさしたオタクの偏った妄想を形にしようと思い、ブログを綴ることにしました。

何の妄想をするか、ででん!

もしも、ジャニーズWESTが塾講師だったら!!!!

 

 

なぜ塾講か。

私が塾講だから!!!

 

 

現実逃避です。(大声)

塾講、といえばブラックバイトの代名詞ともなりつつある職業です。私はそのブラックバイトに勤めてもうすぐ丸々2年になります。色々な要因が重なって辞めるに辞められない。だから考えたんです。

都合のいい妄想しよう( ^ω^ )

と。職場にWESTくんたちいたら楽しいじゃろ???

 

 

塾といえども、形態は様々ですしブラックじゃないところもあるはず。しかし、私は塾講としては今の塾でしか勤めたことがない。なので私が勤める塾の形態に基づいて妄想していきます。

 

私の勤める塾では、理系、文系関わらずよほど自信がない教科がない限りほぼオールジャンル、さらに学年問わず授業をさせられます。そして個別ではなくグループ授業。最大10人です。また、勤めている講師はは9割が大学生。社員は塾長のみです。

 

それではメンバーの名前を挙げていき、個別のプロフィール、またそれぞれがもし塾講だったら、という妄想をしていこうと思います。

 

 

まずはこの人

 

 

重岡大毅

大学2年生。教育学部数学専攻。担当教科は中高の数学、理科全般、国語。

 

週3で6コマ授業に入るバイトマン岡くん。高校時代に能力が開花して以来、特に数学、物理が得意な理系脳になったため塾で教えるのも基本的に理系。人が足りないため、「国語って何教えたらええかわからんわ」と言いつつも苦手な国語を中2のクラスで一コマだけ担当している。

 

基本的に生徒とは友達感覚で話をするため、一番質問のしやすい先生として人気。塾生にはしげちゃんと呼ばれている。

授業中重要な公式が出てくると

「この公式はな!絶ッッッッ対覚えなあかんやつや!わァった??ええか?絶対覚え!?お前らの授業料の半分はココやァァァ!!!!」

などと叫び出すので隣で授業をする中間先生が迷惑そうな顔で見にくることも。

 

授業後、文系なのに理科を教え(させられ)ている私が、問題の説明が上手くできずに落ち込んでいると「アホやなァ!文系やからってこんなんもまともにできひんのか、貸してみぃ」って何気に教えてくれるから人生は素晴らしい。

 

 

 

 

桐山照史

大学3年生。経済学部金融学専攻。担当教科は中高の地歴公民、数学。

 

居酒屋のバイトと掛け持ちしながら塾講をしているので塾に来るのは週2。社会学部にいながら教職を取っているので、生徒に接する機会を増やそうと塾講のバイトをしている(この時点でそのストイックさに惚れる)。

 

塾生とは重岡先生と似て友達感覚で話をする。塾生からはあっくん(先生)と呼ばれていて、これまた質問をしに塾生が集まってくる。塾生は数多くいるが、さすがはコミュ力高し。塾生の顔と名前の一致率はナンバーワン。質問をしに行くと「なんや、まーた分からんくなったんか?」と言われ、覚えてくれてるんだ…と胸キュンする女子塾生多数。

たまに英語に関して質問をしてくる生徒がいるが、文系といえど英語は苦手なので「じゅ、じゅんたくぅん!!(泣)」と中間先生を呼ぶ叫び声が聞こえてくる。

 

授業後、職員室で会うと「お疲れ、!自分今日も元気な(怒鳴り)声響いとったな!」って頭ぽんぽんされて赤面したい人生でした。

 

 

 

 

中間淳太

塾で唯一の大学4年生。社会学部社会科学専攻。担当教科は物理、化学以外。何教科もこなすデキる塾講。外資系企業に内定が決まっているエリート大学生。

 

桐山先生の救世主兼重岡先生のオモチャ。シフトに入るたびに「淳太ァwwキャッキャッ」という声や「淳太くぅん助けて(大声)」と、職場は賑やかに。

 

週4でシフトに入るチーフ講師。塾生からの呼び名はそのまま中間先生(なお陰ではお淳太様と呼ばれているが)。勉強に関してストイックで、何度も同じような問題をしくじる塾生に「お前こここないだ説明したとこやんけ、次間違えたら素焼きや素焼き」とS発言を連発する。…が模試で結果が出なくて落ち込む生徒を見つけると「結果見してみ」と声をかける面倒見のいい一面も。「英語は…できてる。あとは理社やな…」と分析とアドバイスをくれたあとに「ま、コツ掴めばすぐ出来るようになるって、俺の生徒やねんから」って八重歯を見せながら微笑んでくれるから女子塾生のモチベは上がりまくり。中間先生のクラスの女子塾生の受験間近の追い上げはすごい。(すごい)最強の飴と鞭の使い手。

 

その対応は授業後の職員室でも同じ。ミーティングで中間先生に「〇〇先生、このクラスの報告書、先週書いてへんやろ」と言われ絶望に満ちた顔をしながら残業(無賃)する私の隣のデスクで最近覚えたシュシュシュ入力を得意げ(だけど遅い)にしながらスマホをいじる中間先生、帰らないのかなーと思ってチラチラ見てたら「俺かて帰りたいんやから早よ終わらせろ」って怒られた。はてなマークを浮かべながら、ようやく書き終わった私を見て「終わったか、早よ帰んで」と車のキーを掴んだ中間先生。入り口で別れようとすると引きとめられて「何のために待ってたと思てるんや、ええから乗れ」って。 Fuuuuuuuuuuuu!!!!!飴と鞭ごちそうさまでーーす!!!!!

 

どれだけ前世で徳を積んだらこのシチュエーションに出会えるのでしょう。来世では中間先生のポル〇ェに乗れますように。

 

 

 

 

神山智洋

重岡先生と同じ大学に通う2年生。情報学部メディア文化専攻。こんな名前の学部だが文系の学部なので担当教科は中高の国語、英語。たまに小学生の算数も担当する。

 

塾生からは神ちゃん(先生)と呼ばれている。塾講の割には派手な髪色だけど、塾生には分け隔てなく優しく接してくれる。内気で質問しにくそうな子を見つけると近くまで行って小声でポイントを教えてくれた後こう言うんだ。「いつでも質問しに来てええんやで。だって、この塾のメンバーやろ?」

で、出たぁぁぁぁぁ惚れるウウウウ!!!!!

 みんなで質問行こう!もう質問行くしかない!だって!メンバーだから!(錯乱)

 

入試前になるとなぜか神山先生がそわそわし出す。「受験票だけは忘れたあかんで、あと脱ぎ着できるような服で行くこと。温度調節は自分でせな。あと前日はトンカツとか食べたあかんで、さっぱりと胃もたれせんようなの食べてな、あと…」とさすがは我らがオカン…!!!優しさに溢れている…(合掌)

 

小学生クラスを持っているのも、塾長がこの世話焼きな一面を見込んでのこと。もちろん小さい子にも大人気。分からなくてぐずる子どもにも「よーし、ともくんと一緒にやってみよか」と気配りを忘れない。最高of最高。

 

気配りを忘れないのは講師に対しても同じ。「〇〇先生、ボードにペン置きっぱでしたよ」って満面の笑みで渡してくれる…かわいい…ありがとう…産んだ…机とボードのクリーニングも済ませておいてくれてるじゃん…オカンありがとう…好き…

 

 

 

 

藤井流星

これまた大学2年生。理学部生物学専攻。担当教科は中高の理科、数学。比率としては高校生を担当することが多い、この塾イチのイケメン。小瀧先生と仲良しで、よく廊下を歩く姿を見かけるが、長身な2人であることから合わせてツインタワーと呼ばれている。

 

基本的に眠そうだが、授業内容はいたって真面目。教科書通りの解き方のみならず、柔軟に何通りか教えてくれる。金髪だし、アクセもイカツいしで、見た目はチャラそうだけど、解けるまで親身になって見てくれる。この間は、受験間近なのに成績が思うように上がらず、自習室で難しい顔をしている塾生を見つけて「大丈夫やで、俺も受験前そんな感じやったし、お前頑張ってるから、」と優しく覗き込んであげてたのを見た。色んな意味で集中できない無理。


あんな顔してお話好きな藤井先生。自分が面白いと思ったことはとことん喋るんだけど長いしオチがない。かわいい。


小瀧先生のみならず、中間先生とも仲がいい。物理の質問をされて困り果てた中間先生をスマートに助けていた。藤井先生を見る中間先生の目は恋すrおっと誰か来たようだ。

 

「なあなあ、今日めちゃめちゃ噛んどったやろ笑  聞いてもーた笑笑」
き、聞かれてたのかァァ…藤原(丈一郎)くんに派手にイジられたから壁越しに騒がしいのが伝わっちゃったのかな…次から藤原くんの宿題増やしてやるーーー!!!

 

「でも、珍しくあたふたしてて可愛かったで」

ジャスティス!!!!!!!!!でかした丈一郎!()

こんなん言われたら白目むいて泡吹いて倒れますよね。生徒含めこんなシチュエーションに出会いたい人生でした。

 

 

 

 

濵田崇裕
大学3年生。農学部生産化学科。実家は農家で、帰るたびにトラクターに乗り込み両親の手伝いをしている。担当教科は中高の理科、数学。


塾生には濵ちゃん(先生)と呼ばれている。女子塾生の一部で人気の塩顔男子代表。


誰にでも分け隔てなく優しい。ちょっとヤンチャなクラスを受け持つことが多いけど、面白不真面目エッセンスを交えながら授業をしてうまく机に向かわせることができる塾講の鏡。そのため、偏差値上位の高校とは限らないが、毎年濵田先生のクラスの塾生は第一志望への合格率はピカイチ。


そんな濵田先生、国語が…というよりは日本語が苦手。大事なところで噛みまくり、なにより驚くほどに漢字が読めない。漢字テストの丸つけ作業に関してはいつも小瀧先生に「はまちゃんまたこれちゃうわ!ええ加減にせえよ!」と怒られて割とマジで凹んでいる。

 

この間授業後に「〇〇ちゃん、コピー機壊れてもうたんかなこれ…」と呼び止められた。もう3年もここにいるのにコピー機には未だに慣れないみたい。私後輩なのにな。紙詰まりだよ…どうやってセットしたのこの紙…
でも直してあげたら満面の笑みで「いつもありがとうな!ホンマ助かってる!」って言ってくれるから許すしむしろ何度でも紙詰まらせてください!!!!!!!!!

 

 

 

小瀧望
藤井先生と同じ大学に通うぴっかぴかの1年生。法学部法学科。担当教科は中高の社会全般と英語。ピンでいても美しいがツインタワーで揃って歩く姿はモデル級。目鼻立ちの整ったイケメンとベビーフェイスのイケメン。選べなーい…(なお選ぶ権利などない)

 

…話を戻して。

 

塾生には小瀧先生、のんちゃん(先生)と呼ばれている。誰にでも分け隔てなく接するが、ノリのいい男子と可愛らしいイマドキ女子と話しているところをよく見かける。


塾生との年齢が一番近いからか、話が盛り上がって授業は基本的に騒がしいし脱線しまくり。でも、塾生側がノリで質問しやすい環境が自然に作り上げられているので、塾に来るのが楽しいと感じる塾生多数。
自分のクラスの子たちが志望校に合格するとまるで自分のことのように泣いて喜んでくれるからわんこたき担の女子塾生が様々な意味で心の中で悲鳴をあげる。

 

そういえばこの間小瀧先生が授業後塾長に捕まって春期講習の資料ホチキスで止めさせられてた。塾長、人使い荒いからな…
1人でやってるから可哀想だと思って手伝ってあげたら「〇〇さんに迷惑はかけれないっす」って例のわんこ顔で言ってくるからもう……(白目)望くんのためならなんでもするよ………(チョロい)
結局手伝ってあげることに。一緒に作業してくと不意に「〇〇さんって、年下ってどう思いますか?」って言われて、なんて言っていいか分からなくて黙ってたら「…俺とか、どうですかね…?」
ウォォォォォォォォ!!!!!!(頭抱)
えっえっ無理ほんと好き…(語彙力を失ったおたく)

 

 

 

 

 

 

 

あー楽しかった!!!!!!!!

 

 

しばらくは楽しく過ごせそうです。妄想って、いいですね。(遠い目)

 

年齢とか設定とかかなりぐちゃぐちゃだけど、セリフとかはメンバーが言う言葉とかを参考に、私のクソスペックでできるだけリアルに考えました……

 

異論は認めるぜ…そして皆さんの妄想も教えてください幸せをシェアしようみんなで………(合掌)

 

 

 

さぁて、働くぞ。

 

 

おたくの戯言でした。長文乱文失礼しました。